ベストプラクティスの支援をさせて頂くために、様々な問題の解決を行うメソッド

トップページ ->BestFit ->BestPerformance

ソリューションメソッド
  名 称 目 的
1

成熟度別組織プロフィール作成

経営の意図を明確化し、外部環境と内部環境についての認識を深め、妥当性・論理性ある変革課題を抽出することを支援。経営幹部のリテラシーに合わせて150(初級).250(中級).350(上級)と3段階用意している。

2

成熟度別業務棚卸ツール

戦略課題と一貫性・整合性ある業務プロセスを構築する事を支援。現状の仕組みの棚卸しを行い、先に実施した診断結果を参考にしながら改善課題と実行計画を作成。成熟度に合わせて150(初級).250(中級).350(上級)と3段階用意している。

3

価値創造プロセスマップ

1.一次プロセス(事業部単体 or 組織横断) 大きな業務フロー 2.二次プロセス(事業部単体 or 組織横断) 詳細な業務フロー 先に実施した各種診断結果を参考にしながら、戦略課題と強く関連するKEYプロセスを設定。価値創造の全体像を明示しながら実行計画へと展開させる。仕事の見えるかにより、組織内の連携が強化される。

4

財務・非財務相関シート

戦略策定ツール。財務・CS・ESのアウトカム指標をそれぞれ因果関係で整理した後に、アウトプット指標(各種プロセス活動の結果)を相関させながら設定。最後にインプット活動の結果指標を設定し、目標と整合性ある仕組み構築支援。

5

BSC&WBSシート

戦略の可視化ツール。全従業員の仕事と会社の仕事の繋がりをわかりやすく明示する。また仕事に番地をつけることで、どの仕事がどこまで進んでいるかを職場内で共有しやすくすることを支援。生産性向上に寄与。

6

見える化した情報のマネジメント

顧客情報、職場内の情報を見える化。アナログ主体で、情報を職場内の掲示板に張り出すことで、コンテクストに沿った情報の収集と理解を促進。職場内の衛生要因改善、顧客本位の意識醸成、計画への興味向上に寄与。

7

勝利の方程式設計ツール

ビジネスモデル作成支援。多くの場合、経営ではなく運営となっている。経営幹部に構想を描く力を向上してもらうことを狙いとしている。完成させることで、リーダーシップの発揮やマネジメント、従業員への配慮に寄与する。


Copyright(c) 2011 Sample Inc. All Rights Reserved.