ベストフィトの支援をさせて頂くために、組織の診断を行うメソッド

トップページ ->BestPractice ->BestPerformance

診断メソッド
  名 称 目 的
1

組織プロフィール分析

経営の構想及と課題設定の妥当性と論理性を診断。組織の外部環境と内部環境の適合性について評価する。

2

業務プロセス成熟度診断

各業務に対して「方法・展開・学習」の観点から成熟度を診断。現時点における業務プロセスの強みと改善の領域を抽出。

3

組織成熟度診断

上記1と2を統合させ組織全体の成熟度を診断。変革に取り組む組織の総合的な強みと改善の領域を抽出。

4

リーダーシップ診断

フォロアーとの関係性を診断しリーダーシップの方向性を明示。独診断も可能であるが上記1~3の診断結果と複合的に実施することでより方向性が明確になる。

5

組織と従業員関係性診断

変革活動に伴う従業員の組織と業績に対する関係性を診断。リーダーシップ活動の成果指標としても活用可能なことから、上記4にも応用可能。また離職志向についての診断もある。

6

知覚品質・顧客満足診断

現在取引のある顧客の満足因子・不満足因子の抽出。相対的に顧客が競合他社と比較検討する知覚品質も調査・分析し、価値創造プロセスに活用する。

7

組織変革メカニズム診断

戦略に基づく経営品質向上活動から組織変革度及び成熟度がどのように結びつき、組織成果につながっているのかというメカニズムを診断することで実践的な課題を抽出。


Copyright(c) 2011 Sample Inc. All Rights Reserved.